ハニカムデザイン

   

ついに発表された孤高のスーパーGT「DBS Superleggera」 

DBS Superleggera (5)

大胆かつアグレッシブさを印象付けるハイパーレッドは、カリスマ性を際立たせる力強い色ですね。

ASTON MARTINのレッドは、バリエーションこそさほどありませんが、

深みと透明感とがうまく融合したセクシーな赤です。

今回、DBSを初めてみて印象に残ったのが、このフロントグリルのデザイン。

DBS Superleggera (12)

さらに、インテリアには一際目をひくデザインが施されていました。

DBS Superleggera (21) DBS Superleggera (20)

このシートのキルティングは、六角形をした形状になっています。

さらに、写真では非常に見えにくいのですが、フロントグリルにも実は同じデザインが用いられています。

DBS Superleggera (14)

20180627_104724896_iOS

この形状は、自然界でもっとも多く存在すると言われる形状であるハニカムをモチーフとしています。
 
ハチの巣や亀の甲羅など、これらの生き物の性質によって偶然造られたわけですが、
 
この構造には奥深い意味があるのです。
 
ro02
 Diamondback_Terrapin
 

軽く強度があり、音や衝撃を吸収し、更には断熱効果まであるパーフェクトっぷりを発揮しているハニカム構造は、

駅のホームの落下防止ドアや飛行機の翼・新幹線などの重要な部分にも利用されるほどです。

ハニカム構造自体が本格的に注目され、利用され始めたのは1949年ごろで、アメリカの軍用機に構造体として使われたのが始まりです。

原子一つ見てみても、炭素同士が六角形に結合する事で原子結合が最も強いという事が判明しているそうです。

小さなハチたちが本能と習性で作り上げていたハニカム構造から、DBSもインスピレーションを受け、

最新の空力コンセプトによる機能性を明確に表現しています。
 

 

ぜひ、実車を見てその真価をお確かめくださいませ。

 

Top_DBS

 

みなさまのご来場、心よりお待ちいたしております。

 

Written by M.M

アストンマーティン広島
Tel 082-255-0070
E-mail [email protected]
 
フォロー いいね!お願いします。
 

 

 - DBS , , , , , , , , , , , , , , , ,